紫外線による髪のダメージとは?&おすすめの紫外線対策を紹介!

紫外線による髪のダメージ

あなたは髪の毛の紫外線対策をしていますか?

お肌はしていても髪の毛までしている人は少ないかと思います。ただ、髪の毛であっても紫外線のダメージは受けているので、パサツキや枝毛が多い人は紫外線の影響かもしれません。

では、紫外線とは一体どんなダメージを与えているのでしょうか?

今回は紫外線によるダメージと、紫外線の対策方法について、詳しくまとめてみました。

紫外線による髪のダメージとは

紫外線による髪のダメージ

肌への紫外線には気をつかっている人も、髪への紫外線には関心が低い人が多いかもしれません。

でも、髪や頭皮は1年中紫外線が当たっていて、そのダメージもかなり大きいのをご存知でしょうか。

髪は紫外線を浴びると、髪の内部にあるメラニンが分解され、髪の色が赤っぽく抜けて、場合によっては白く見えてしまうこともあります。たしかに日焼けした髪は赤茶けて見えますよね。

そして髪の内部では、髪そのものを構成するたんぱく質の結合部分も傷み、パサパサに乾燥し、切れ毛や枝毛が起こります。

これは、紫外線による髪へのダメージとして目に見えやすいものですね。

紫外線は頭皮にも影響あり

紫外線は頭皮にも影響あり

紫外線は頭皮にも影響があります。健康な髪の毛の生成がさまたげられたり、髪の毛が作られなくなったり、白くなったりします。

これは紫外線に当たった直後に起こるわけではなく、蓄積され後から表面に現れてきます。紫外線の強い夏に髪の毛が傷んでいなくても、秋口に傷みだすのは蓄積されてたからなのです。

髪の毛用の紫外線グッズはどうなの?

髪用の日焼け止めも出ていますが、普段からつけている人は少ないと思いますし、かえって髪にダメージを与えるという人もいて賛否両論です。

では、何が良いかと言うと「天然のホホバオイル」がおすすめなので是非活用してみて下さい。

ホホバオイルの紫外線防止効果

ホホバオイル 紫外線

ホホバオイルの主成分であるワックスエステルは、人間の皮脂にも含まれる成分でバリア機能が高いのが特徴です。

髪につければ外の刺激から髪を守ってくれます。もちろん紫外線も!

ホホバオイルの紫外線防止効果は、SPF4程度と言われています。

SPF(紫外線防御指数)は、日焼け止めの強さを表す数値で、紫外線により皮膚が赤くなるまでの時間を何倍まで長くできるかが表されています。普通、20分くらいで赤くなるところが、SPFが4だと1時間20分位まで延ばせます。

とは言え、市販の日焼け止めは、SPFが20~30、強いものは50くらいあるので、それに比べるとホホバオイルの効果は弱いということになります。

そうすると、ホホバオイルだけに頼って紫外線予防をするのはちょっと無理がありますね。

紫外線防止効果は低いが、髪の毛はサラサラに!

髪の毛専用の日焼け止めと比べると、ホホバオイルの紫外線予防はやや低いです。

しかし、安全性が高く・髪の毛のツヤ・パサツキを抑える、などホホバオイルを使うメリットは沢山あります。

今まで髪の毛の紫外線対策をしていなかった人は、ホホバオイルを塗るだけでも効果がありますので、是非使ってみて下さい。

関連記事:髪の毛の乾燥に黄金オイル「ホホバオイル」は最適!その理由とは?

ホホバオイルは髪の表面に均一に

ホホバオイルは髪の表面に均一に

髪にオイルをつけるのはベタベタして抵抗感がある人も、ホホバオイルだったらサラサラのまとまる髪になるので心配ありません。

ほんの数滴を手に取り髪全体に伸ばすだけで、サラサラ・ツヤツヤの髪になり、紫外線防止の効果もあるなんて、嬉しいですね!

ホホバオイルは直接手に取ったものを髪に伸ばしても良いですが、全体にまんべんなくつけたい場合は、スプレーも便利です。

ホホバオイルはその名の通り「オイル」ですが、サラッとしていてベタつかないのが特徴です。

ホホバオイルスプレーの作り方

100均のスプレー容器に、水100mlに対してホホバオイルを3滴ほどたらし、よく振って出来上がり。ホホバオイルは抗酸化作用が高いので、普通の水より長持ちします。

スプレーだったら髪の表面に均一につけられるので、お出かけ前のお手入れに最適ですよ!

▼おすすめのホホバオイルはこちらで紹介しています。
髪の保湿に最適!おすすめのホホバオイルはコレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)