髪の毛の広がりを抑えるために『おすすめな5つの方法!』

髪の毛の広がりを抑える

「梅雨が始まり髪の毛が広がりやすくなってきて嫌っ!・・・」なんてあたなに、髪の広がりを抑える効果的な5つの対策を紹介します。

「5つ全部は大変・・・」なんて思うなら、特に大事な2つの対策だけでも大丈夫。早めにヘアケアして梅雨時期も美髪をキープしちゃいましょう!

はじめに”髪の毛が広がる原因”を、その次に”髪の広がりを抑える方法”を説明していきます。

髪の毛が広がる原因とは?

髪の毛が広がる原因

髪の毛が広がる主な原因が

  • 髪の毛の量が多い
  • くせ毛
  • ダメージヘア
  • 髪内部の水分不足

の4つです。

このような髪の人は、梅雨時の湿気の多い季節にいくらセットしてもパサパサと広がり、髪形が決まらないという事態になります。

毛量の多い人は根元からぼわっと広がってしまいますし、くせ毛や傷んだ髪の人は毛先に向かって広がり、まとまらなくなります。

そして髪内部の水分不足は、クセ毛や艶の減少にもつながるので積極的にケアした方がいいです。

髪の毛の広がりを抑える5つの方法!

髪の毛の広がりを抑える方法

ここから髪の広がりを抑える対策5つを説明していきます。特に大切な対策2つを最後に記載してますので、そこまでしっかり読んでみてください。

では、詳細を見ていきましょう↓

髪の広がりを抑える方法1:美容院でカットする

髪の広がりを抑える方法:美容院でカットする

髪の毛の量が多い人は美容院で”すいてもらう”のが効果的です。

「髪の広がりを抑えたい」と伝えれば、ちょうど良い量に調節するだけでなく、おすすめヘアもアドバイスしてくれるはずです。

くせ毛やダメージヘアの人も定期的にカットすると毛先の広がりを抑えられます。

髪の広がりを抑える方法2:ドライヤーを正しく使う

髪の広がりを抑える方法:ドライヤーを正しく使う

お風呂上がりのドライヤーを正しく使うだけでも、髪の広がりを抑えることができます。

髪の長い人はドライヤーを下から当てて使いがちですが、髪を持ち上げ根元から乾かすようにしましょう。

乾いた後は冷風で整えると、髪の広がりが落ち着きます。

使用するドライヤーを良いものに変えるのもおすすめです!ドライヤーは熱で乾かすのではなく風で乾かすもの。風の力で乾かすことにより髪のダメージが減り、うるおいやツヤもでてきますよ。
関連記事:これでうるツヤ!髪を傷めないおすすめのドライヤーTOP3!

髪の広がりを抑える方法3:ヘアクリームやオイルを使う

髪の広がりを抑える方法:ヘアクリームやオイルを使う

ヘアクリームは、濡れている時につけておくと髪の広がりを防げます。また、髪に重みを与えて広がりを抑えてくれます。

次にオイルの場合は髪の広がりを抑えるだけでなく、髪のツヤだしにも効果的です。

使用するオイルの種類なのですが、できればホホバオイルがおすすめ!

ホホバオイルは髪を湿気からも乾燥からも守るように1本1本をコーティングし、傷んだキューティクルを補修してくれます。

植物性オイルの中でもホホバオイルはサラッとした質感で髪になじみやすく、髪質を整えサラサラのまとまる髪にしてくれます。

関連記事:髪の広がりを抑えるおすすめオイルと使い方を紹介!

ホホバオイルの簡単な使い方は、濡れた髪の毛をタオルドライした後、数滴手のひらに取り髪に馴染ませるだけです。アウトバストリートメントと同じ要領でお使いください。

では次からが髪の広がりを抑えるおすすめな2つの対策になります。

なぜおすすめなのかと言うと髪のダメージを根本から改善していく対策だからです。

髪の広がりの主な原因は髪のダメージです。そのダメージヘアを根本から改善していくには、これから紹介する2つの対策が重要になってきます。

では、その詳細をご覧ください。

【おすすめ対策】髪の広がりを抑える方法4:トリートメントの2度づけ

髪の広がりを抑える対策:トリートメントの2度づけ

髪の広がりを抑えるには、トリートメントを2回つけるのが効果的です。

  • 1回目:シャンプーの後、トリートメントをつけて洗い流す。
  • 2回目:お風呂上がりのドライヤーの前に、もう一度トリートメントを薄く伸ばす。

2度づけにより、髪をコーティングしてドライヤーの熱から乾燥と広がりを防ぎます。2回目のトリートメントは、洗い流さなくて済むアウトバストリートメントを使って下さい!

おすすめの洗い流さないトリートメントはこちらの記事で紹介しています↓

人気商品だけPickUp!洗い流さないトリートメントのおすすめランキング!

【おすすめ対策】髪の広がりを抑える方法5:シャンプーを良い物に替える

髪の広がりを抑える対策:シャンプー剤を替える

ドラッグストアなどで売ってるシャンプーやテレビCMしてるシャンプーではなく、少し高くても良いシャンプーに切り替えることで髪の広がりを抑えることができます。

良いシャンプーとは

  • 洗浄力がやさしいアミノ酸成分であること
  • シリコンやポリマーが含まれていないこと
  • 髪に水分を含ませられること

以上を満たしたシャンプーがおすすめです。

アミノ酸成分のシャンプーはダメージや髪内部の水分不足の改善だけでなく、ツヤだし効果や白髪の進行を遅らせるなどのメリットもあります。

また、毛穴をふさぎやすいシリコンやポリマーなどのコーティング成分が配合されていない(ノンシリコン)方が、生えてくる髪を元気に育ててくれます。

毎日使うシャンプーを替えることが、髪の広がりを抑える最大の対策と言っても過言ではないので、この機会に良いシャンプーへと切り替えてみてくださいね!

アミノ酸成分+ノンシリコンで口コミが良いおすすめシャンプーはこちらを参考に↓

カラー・パーマで痛んだ髪の毛も元気になる4つのおすすめシャンプー!

まとめ

髪の広がりを抑えるなら、「洗い流さないトリートメント」と「シャンプー」の切り替えをまずは第1に考えていきましょう!

紹介した対策の中で”とても重要”ですので、紹介記事を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)