アミノ酸シャンプーで髪がきしむ原因ときしまないシャンプーの選び方!

アミノ酸シャンプーで髪がきしむ原因ときしまないシャンプーの選び方!

普段の洗髪にアミノ酸シャンプーを選ぶことは、髪や頭皮の健康を考えるならベストな選択。しかし、実際に使ってみたらきしんでごわごわになってしまった…という方も多いですね。

しかし、それはアミノ酸シャンプーが原因ではありません。

今回は、アミノ酸シャンプーで髪がきしむように感じる原因と、きしまないシャンプーの選び方をご紹介しましょう。

アミノ酸シャンプーで髪がきしむ原因

アミノ酸シャンプーで髪がきしむ原因

アミノ酸シャンプーで髪がきしむというのは正解でもあり間違いでもあります。

ノンシリコンだから

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどの高級アルコール系の洗浄成分を使ったシャンプーは、洗い上がりがとってもスッキリすることからわかるように非常に高い脱脂力・洗浄力をもっています。

その性質のせいで髪や頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまうため、髪や頭皮が乾燥してパサつく状態を良くするためにコーティング剤としてシリコンを入れざるを得ないのです。

シリコン自体は悪いものではありませんが、シャンプーにシリコンを配合することは、悪くいえば「その場しのぎの綺麗さ・手触りの良さ」を作っていることと同じ。髪や頭皮の状態を根本的に良くしてくれているわけではありません。

その点、頭皮や髪に優しいアミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドで、頭皮や髪に必要な皮脂を残して汚れや余分な皮脂だけを取り除くことができます。その結果、わざわざ誤魔化すためにシリコンを配合する必要がないのでノンシリコンのものが多いのです。

その結果、アミノ酸シャンプーを使うと髪がきしむように感じてしまうのです。

ダメージヘアだから

また、もともとの髪のコンディションにも問題があります。

髪の毛は表面をキューティクルがウロコのように覆っており、外部からの摩擦や刺激から髪を守りつつ、髪内部の水分や栄養が流出しないようにガードしています。

しかし、洗浄力の強すぎるシャンプー、ドライヤーやアイロン、紫外線、乾燥、摩擦などの刺激によってキューティクルがはがれたり脆くなっていると、髪のダメージはどんどん進行してしまいます。

そんな髪の傷みに、非アミノ酸系・コーティング剤入りのシャンプーを使っていた時には表面がコーティングされて気付かなかっただけ。

つまり、アミノ酸シャンプーで髪がきしむのではなく、もともと髪にダメージがあるからきしむように感じるのです。

アミノ酸の配合量が少ないから

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分に頭皮や髪と同じアミノ酸を使って作られたシャンプーなのですが、そこには危険なからくりがあります。

配合成分に少しでもアミノ酸系洗浄剤が入っていれば、どんなにその量が少なくても「アミノ酸シャンプー」と表示することができるため、100%に近いアミノ酸シャンプーもあれば、「ラウリル硫酸~・ラウレス硫酸~」などの石油系洗浄成分の配合量が多いアミノ酸シャンプーもあるのです。

髪や頭皮に優しいアミノ酸シャンプーだと思って使ってみたら、実はノンシリコンで石油系の洗浄力が強い成分がたっぷり入ったエセ「アミノ酸シャンプー」だったということも考えられます。

きしませたくない場合、アミノ酸シャンプーにシリコンが入っていた方がいいのか?

きしませたくない場合、アミノ酸シャンプーにシリコンが入っていた方がいいのか?

それなら、良いとこどりで「シリコンが配合されたアミノ酸シャンプーを使えばいいのでは?」と思う方も多いことでしょう。

答えはNoです。

絶対にダメとはいいませんが、せっかくアミノ酸シャンプーで必要な皮脂を残しつつ余分な皮脂や汚れを落としているのに、あえてさらにシリコンでコーティングする必要はありません。

シリコン自体がダメな成分ではないのですが、

  • もともとアミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなので、シリコンでコーティングされてしまうと髪の毛の汚れ落ちが不十分な状態になってしまいやすい
  • 髪の表面を覆ってしまうと、シャンプー後に使うトリートメントやコンディショナーの成分が浸透しづらくなる
  • 泡立ちが悪くなる
  • すすぎが不十分だとシリコンが毛穴をふさいでしまうおそれがある

など、様々なデメリットが考えられるためです。

せっかくアミノ酸シャンプーを使うのですから、わざわざマイナス効果を生みやすいシリコンを配合したものを選ぶのではなく、別の成分によって髪がきしまないよう考慮されたものを選んだほうが賢い選択といえるでしょう。

アミノ酸シャンプーを使う場合はきしむのは仕方ないのか?

アミノ酸シャンプーを使う場合はきしむのは仕方ないのか?

アミノ酸シャンプーで髪がきしむのが気になる…という場合、アミノ酸シャンプーだから必然的にきしむのではなく、

  • 選んだアイテムに問題がある・・・アミノ酸の配合量が少ない、シリコンのかわりになるなめらか成分が配合されていない
  • 自分の髪に問題がある・・・髪のダメージがかなり進行している

ことが考えられます。

アミノ酸シャンプーでノンシリコンのシャンプーの中には、この問題を解決するためにシリコンの代わりとなるコーティング成分を配合している商品もあります。

そのため、ダメージヘアで髪の軋みが気になる方は、

  • 「アミノ酸シャンプー」という表示をうのみにするのではなく、成分表示をしっかりチェックしてアミノ酸洗浄成分が上位に表示されているシャンプーを選ぶ
  • 「アミノ酸+ノンシリコン」のシャンプーで、口コミできしむ声が少ない商品を選ぶ
    と良いでしょう。

自然由来のコーティング成分

自然由来のコーティング成分

では、なめらかさを演出するコーティング剤のシリコンの代わりになる成分とはいったいどんなものがあるのでしょうか。

シリコン以上!メドウフォーム-δ-ラクトン

代表的なのが、シリコンと同等以上の働きをするといわれる植物由来の成分「メドウフォーム-δ-ラクトン」です。

「メドウフォーム-δ-ラクトン」とは、リムナンテス科植物の耐寒性一年草のメドウフォーム(ハーブの一種)の種子から抽出して作られたラクトン誘導体です。

あまり知名度は高くありませんが、主成分はエイコセン酸、保湿効果や紫外線防止効果・静電気防止効果・ダメージ補修効果などが期待できる成分です。

ヘアケアだけでなく化粧品やUVケア商品に使われている安全な成分でもあります。

この「メドウフォーム-δ-ラクトン」を配合しているのが「ミチルノシャンプー」です。

ミチルノシャンプー

「ミチルノシャンプー(MICHILUNO-PRO Ⅶ)」は、アミノ酸成分+ノンシリコンシャンプーですが、この「メドウフォーム-δ-ラクトン」を配合しているために、髪がきしむと言う口コミは揚がっていません。

実際に使ってみても、髪がきしむことなく指通りもサラサラになりました!

ダメージヘアのケアが大事

ノンシリコンのアミノ酸シャンプーは、シリコン以外の安全なコーティング成分が配合されているものを選び、自分の髪のダメージを適切にケアしていけば、コーティング成分が含まれていないアミノ酸シャンプーでも次第にきしまないようになっていくことでしょう。

ただ、現在は良いコーティング成分が含まれているシャンプーも多いので、口コミ等を参考に髪がきしむおそれのある商品は選ばず、滑らかに洗い上げることができる良いシャンプーを選べば問題ありません。

そんな口コミが良いアミノ酸+ノンシリコンシャンプーは「痛んだ髪の毛も元気になるおすすめシャンプー!」で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

一言でアミノ酸シャンプーといっても、玉石混交・品質は様々です。

「アミノ酸シャンプー」という肩書に騙されず、その成分表示もしっかり見て、きしまない上質なアミノ酸シャンプーを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)