運動不足は髪の毛にとって悪影響?美髪を作る運動の効果とは?

運動不足は髪の毛

美しい髪の毛を作るために、食事内容やヘアケアについて気をつけている方も多いことでしょう。

しかし、それだけでは十分とはいえません。

日ごろの運動不足も美髪づくりを邪魔する大きな問題となるので早急な改善が必要です。

それでは今回は、運動と髪の毛の関係と、美髪づくりに効果的なおすすめの運動をご紹介していきましょう。

美髪づくりに必要不可欠な運動

美髪づくりに必要不可欠な運動

一見、無関係に思われる運動と髪の毛ですが、実は想像以上に密接な関わりを持っています。
まずは運動をすることで得られるメリットを見ていきましょう。

血行を促進する

健やかな髪の毛を作るには、栄養や酸素が十分に頭皮に行きわたることが必要不可欠です。

運動不足が続くと血の巡りが悪くなる上に、細かな毛細血管が広がる頭皮はストレスや緊張によって固くなってしまうため、さらに血行が悪くなって栄養や酸素が行きわたりづらくなってしまいます。

しかし運動をすることで心肺機能が高まり、血行も良くなります。

すると、それまで滞りがちだった頭皮にもしっかりと栄養や酸素が届けられるようになります。

同時に新陳代謝・細胞分裂も促進され、太くしなやかで健やかな髪の毛が育ち、ヘアサイクルが整って髪の毛も抜けにくくなり抜け毛も減少していきます。

ストレスを軽減する

身体を動かすことで精神的にもプラスの効果が得られることはよく知られています。

普段からストレスを強く感じていると、自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

特に、自律神経のうち、興奮を司る交感神経が常に優位になることで睡眠不足や食欲不振なども引き起こされ、ますます元気な髪の毛を作れない状態が常態化してしてしまうと大問題。

弱弱しい髪の毛しか生えてこなくなり、生えても十分に成長する前に抜け落ちてしまいやすくなります。

またストレスによって男性ホルモンが多く分泌されることも髪の毛に悪影響。

しかし、ストレスを感じずに過ごすなど現代社会では無理な話ですね。

そこで、身体を適度に動かしてストレスを発散することで、ストレスを蓄積させず、上手に発散させることが出来ますし、ストレスを感じても簡単には負けない心身を作ることが出来ます。

コレステロールを下げる

また男性型抜け毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼによって作られます。

このテストステロンはコレステロールから得られるので、健やかな髪の毛を育てるためにはコレステロールを下げることが効果的です。

コレステロール値を下げるには、食事の改善は欠かせませんが、そのほかにも効果的な運動を取り入れることが非常に有効です。

髪の毛のためには有酸素運動が効果的

髪の毛のためには有酸素運動が効果的

運動には、手軽で負荷の軽い有酸素運動と激しくハードな無酸素運動の二種類があります。

なかでも髪の毛のためには酸素を十分に取り込みながら行う有酸素運動が効果的です。

それでは手軽にできる有酸素運動をご紹介します。

バランスボール

ダイエット目的で利用している方も多いバランスボールは、誰でも気軽に出来、続けやすいおすすめの有酸素運動です。

バランスボールは45cm~75㎝とサイズが色々とあるので、自分の身長に合わせてお選びください。

まず、基本の姿勢をマスターしましょう。

背筋を伸ばしてボールの真ん中に座ります。この時、顔は真正面に向け、肩幅に足を開き、足の裏を床につけた時に膝の角度が直角となるようにサイズ・空気の量を調整してください。

そしてグラグラせずに座れるようになったら、ボールの上で腰を上下にテンポよく動かし、弾ませます。

「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、普段から運動不足気味の方の場合、これだけでも最初はかなり大変です。

不安定なボールの上で体勢を崩さず弾み続けることは体幹トレーニングにもなるので、身体の歪みが気になる方にもオススメ。

慣れてきたら、腰を左右前後に動かすなど、ボールに座った状態で色々な姿勢に挑戦してみましょう。

踏み台運動

少しの段差(10~30cm程度)を利用して、のぼり降りを繰り返すだけの非常に手軽な有酸素運動です。

自宅の階段、あるいは踏み台を用意して、呼吸をしっかりしながら背筋を伸ばして行います。

場所を取らず、器具も要らず、そしてテレビを見ながらでも続けられる点も魅力。

簡単な運動ですが、太ももやふくらはぎ、股関節やお尻、腹筋・背筋などをバランスよく鍛えられ、下半身のシェイプアップやむくみ解消にもおすすめ。

また第二の心臓と呼ばれる足の裏を刺激することで、血液循環も良くなって、体の隅々まで血液がめぐる効果も非常に高い運動です。

ウォーキング

手軽にできる有酸素運動の代表といえばウォーキングです。

いきなり遠方まで歩くのではなく、まずは家の周りを歩く程度の軽いものから始めましょう。

身体が慣れてから、少しずつ距離を伸ばしていくのがオススメ。

歩くよりは早めのペースで、呼吸をしっかりしながら、手を振ってずんずん歩きます。

ウォーキングをすることで足裏が刺激されて血液のめぐりが良くなるとともに、酸素が体中にスムーズにいきわたるようになります。

また、精神的にもプラス効果が高く、ストレスを感じている方には良い気分転換にもなるはずです。

まとめ

美髪を作るためには、十分な栄養と酸素を届けられるよう血行を良くし、ストレスを溜めないことがとても大事です。

そこで身体に無理をさせない程度の有酸素運動をぜひ取り入れましょう。

今回ご紹介した運動は、運動経験の無い方や忙しい方でもスキマ時間に手軽にできるものばかりです。

運動と併用して、毎日するシャンプーも髪に刺激のない物に替えるのがおすすめ。洗浄力がやさしく頭皮を健やかにすることで、美髪へと導いてくれます⇒カラー・パーマで痛んだ髪の毛も元気になる4つのおすすめシャンプー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)