海に行くと髪はダメージを受ける!行く前には髪を守る対策が必要です。

日焼け前の髪の毛対策法

夏といえば海!ですね。

今年の夏も、友達や恋人、家族など親しい人たちと海水浴を楽しみ、素敵な夏の思い出を作った方も多いことでしょう。

しかし、夏の海は髪にとって危険がいっぱい!

海に行ってから髪の毛がパサついたり、色が変わってしまったなど髪の毛のダメージはかなり深刻です。

そこで、今回は美しい髪を守るのに役立つ、海に行く時の対策方法とケア方法をご紹介します。

夏の海は髪の毛には危険

夏の海はとっても危険

海に行くときに、水着のデザインや形、ボディラインなどを気にする方も多いのですが、それと同様にしっかりと考えておきたいのが海での髪の毛のケアです。

あまり気にしない方も多いのですが、夏の海は髪にとって非常に危険な場所なのです。

強い紫外線

夏は一年の中でも日差しが強い時期。

そんな時期に海に行けば、普段髪の毛に受けている何倍以上もの強い紫外線を長時間髪の毛に浴びることになるのは当然のことです。

髪の毛にとって紫外線は百害あって一利なし。

紫外線を浴びることで、髪の毛の主成分であるタンパク質のアミノ酸のシスティン結合が分解され、髪の毛を保護しているキューティクルがダメージを受けて剥がれてしまいます。

キューティクルが剥がれると、枝毛や切れ毛、裂け毛が増え、ツヤの無いダメージヘアになりやすくなります。

また、髪の毛の色を作っている色素のメラニンも紫外線によって分解されてしまうことで、髪の毛の退色が起こります。

髪の毛と塩分について

髪の毛は弱酸性ですが、塩分を含んだ海水はアルカリ性です。

髪の毛にとっては決して良いものではないアルカリ性の海水に長時間触れることでキューティクルが開いてしまいます。

髪の毛のしなやかさやツヤにとって非常に重要な部分であるキューティクルが開いてしまうと、髪の毛の内部の栄養素が外に流れ出てしまい、紫外線などの外部から守ることが出来なくなるため、すぐにパサパサになってしまいます。

頭皮ダメージ

ほかにも見逃せないのが健やかな髪の毛を育てる頭皮に与えるダメージです。

通常、顔の3倍の紫外線量を髪の毛は浴びているといわれています。

ということは、頭皮も同じこと。

それが日差しを遮るもののない海ならさらに多くの紫外線が頭皮にも当たっているということです。

強い紫外線を頭皮に浴びることで頭皮が老化、頭皮も固くなって血行が悪化し、ヘアサイクルが乱れて健やかな髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

この深刻なダメージが怖いのは、すぐにはその影響が現れない点にもあります。

夏の海水浴から何カ月も経ってから「最近、髪の毛がよわよわしい」と頭皮への影響に気付くことも多く、そのときになって後悔しても遅いのです。

夏の海の攻撃から髪の毛や頭皮を守るには

紫外線は髪に危険

しかし、髪の毛や頭皮が傷むのが怖いから海で遊ぶのを控えるというのも勿体ない話です。

夏の海を満喫しつつ、紫外線や塩分などの攻撃から髪の毛・頭皮を守る方法をご紹介します。

事前の対策

髪の毛や頭皮に全く紫外線を浴びないようにすることは残念ながら無理ですが

事前に髪の表面をコーティングすることで、紫外線や塩分から髪の毛を守ることは可能です。

まず海に行く前や海で遊ぶ直前に洗い流さないタイプのトリートメントやオイルを髪の毛(とくに傷みやすい毛先や紫外線を浴びやすい髪の毛の表面を重点的に)に塗っておくことが効果的。

椿油やオリーブオイルなど天然成分のオイルには紫外線から髪の毛を守ってくれる働きがあるので特にオススメです。

さらに、その上から髪の毛用のUVケアアイテムを使用すれば最強です。

お手軽なのはスプレータイプのもの。髪の毛や頭皮につけるようにまんべんなく塗っておくことで、しっかりとUV対策することが出来ます。

また、水を通さないUV加工のスイミングキャップ(シリコン製など)を使用するのも良いでしょう。

しかし、海辺でシリコン製キャップは違和感があるため、髪の毛をまとめておくだけでもダメージを減らせます。

海水浴場での対策

海では、なるべく泳がない間は紫外線が当たるのを避けるために日傘などを使って日差しに当たらないようにしましょう。

また、海水に触れた髪の毛はペットボトルに真水を入れておき、すぐに軽く洗い流すのも効果的です。
そして軽くタオルドライし、まとめておくようにしてください。

遊んだあとは

海で遊んだあとで重要なことは、シャワーなどですぐに髪の毛や頭皮についた塩分をしっかり洗い流すことです。

アルカリ性の海水や紫外線によって髪の毛のキューティクルが開いているデリケートな状態なので、ゴシゴシと洗わないようにしましょう。

その後、アウトバストリートメントで手早く髪の毛をしっかり保護。

流出した栄養を補い、髪の毛を覆うことで、それ以上の髪の毛の悪化を抑えることができます。

そして、自然乾燥ではなく、きちんと髪の毛を乾かすことも重要なポイントです。

家でのヘアケア

海水浴場での対策はいわば応急処置。

帰宅したら、頭皮と髪の毛をもう一度念入りに優しく洗い、しっかりと洗い流しましょう。

そして、髪の毛に栄養を与えるトリートメントやオイルで改めて保護しておけば完璧です。

まとめ

何もしないでいると、知らない間に髪の毛や頭皮に重大なダメージを与えるおそれのある夏の海。

しかし、事前の対策とその後の対策さえしっかり行っていれば、それほど恐れるものでもありません。

海水浴に行くならば、美しい髪のツヤや潤いを守るために、強力な紫外線や塩分から髪の毛や頭皮を保護することを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)