精製と未精製(ゴールデンホホバオイル)の違い。髪の保湿に効果的なのは?

ホホバオイル 精製と未精製

ホホバオイルには、2つの種類があります。ひとつは精製した透明なホホバオイル、もうひとつは未精製で金色のゴールデンホホバオイルです。

それぞれ性質と用法が違うので、2種類のホホバオイルの特徴を知ることは大切!

では、どちらのホホバオイルが髪の保湿に良いのでしょうか?詳しい詳細を見ていきましょう。

1精製されたホホバオイル

精製されたホホバオイル

精製されたホホバオイル(透明)は、ゴールデンホホバオイル用に抽出されたホホバの実(しぼりカス)から抽出された物です。

抽出量を増やすため、ホホバの実に高温高圧をかけて抽出されます。

この時点では不純物が多く混ざっているので茶色く濁っていますが、化学処理をして不純物を取り除くと、透明でクリアなオイルになります。

これにより精製されたホホバオイルは、抽出と精製の過程でビタミンやミネラルの多くが失われてしまうのです。

このようにホホバ特有の豊富な栄養素が減ってしまうものの、お肌への刺激はマイルドになるので、ゴールデンホホバオイルでかゆみなどの症状が出てしまう方には、透明なホホバオイルがおすすめです。

ただ、質は落ちてしまうので、効果は保湿のみになってしまうことは知っておいて下さい。

2未精製のホホバオイル「ゴールデンホホバオイル」

未精製のホホバオイル

未精製のホホバオイル(金色)は、ホホバの実のいちばん栄養分のある部分を低温低圧で抽出しており、不純物が少なく、ビタミンやミネラルなどの栄養分も豊富です。

未精製のホホバオイルの色は、ビタミンAやビタミンEの黄色で、光に当たると金色に輝くので、「ゴールデンホホバオイル」と呼ばれています。

品質としてはクリアよりも格段に上質のオイルで、浸透力も抜群で塗るとよく伸びてすぐに浸透していきます。

ゴールデンホホバオイルの刺激について

ゴールデンホホバオイルは栄養たっぷりで効果が抜群なために、刺激が強く、かゆみなどの症状が出る場合がありますので、アレルギー体質の方は少しずつ試しながら使う方が良いでしょう。

「刺激や強く」と書きましたが、精製されたオイルと比べて刺激が強いという意味です。世界一安全と言われているオイルなので、ほとんどの方は心配ありません。

最後に:髪の毛にはどちらのホホバオイルが効果的?

髪の毛にはどちらが効果的

どちらのホホバオイルにも高い保湿効果がありますが、ホホバオイルの特色とも言える豊富な栄養素を効果的に利用するには、ゴールデンホホバオイルがおすすめです。

ゴールデンホホバオイルを使うと、高い浸透力で、髪の毛一本一本にオイルの栄養素が行き渡り、ツヤとハリが出て、ゴワゴワした髪もサラサラにまとまるようになります。

また、紫外線防止に使う場合もビタミンEが失われておらず、抗酸化作用が高い未精製のホホバオイルのほうが高い効果が期待できます。

おすすめのゴールデンホホバオイルはこちらの記事を参考にしてみてください⇒「髪におすすめのホホバオイル3選!保湿&艶もUPで美髪になろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)