ちょっとの手間で劇的に変身!ドライヤーで髪の毛をサラサラにする6つのコツを伝授!

ドライヤーで髪の毛をサラサラにする

洗髪後のドライヤーの使用は美髪作りの絶対条件!

髪を乾かさず自然乾燥させた日には、髪の毛がごわごわ・爆発して大変になってしまうなど、美髪とは程遠い状態になってしまうことでしょう。

しかし、ちゃんとドライヤーを使っているのにまとまらない・サラサラにならないという場合は、せっかくのドライヤーの使い方が間違っている可能性が大!

今回は、誰でも簡単にできる”ドライヤーで髪の毛をサラサラにする6つのコツ”についてご紹介いたします。

ドライヤーで髪の毛をサラサラにする6つのコツ

ドライヤーで髪の毛をサラサラにする6つのコツ

輝くサラサラ髪に仕上げるコツ1:タオルドライは念入りに

「髪の毛を洗った、さぁ乾かそう!」と、すぐにドライヤーを使うのはNG。

ドライヤーをかける前に濡れた髪をしっかりとタオルドライしておきましょう。

タオルを使って髪の毛を挟むようにして軽く押し当て、髪表面の水分を吸収させるようにします。

この時、ゴシゴシ髪をこすったり揉みこむようにしてはいけません。また、タオルを頭に巻いた状態で放置するのも厳禁。

髪が濡れてる状態はキューティクルが開いてひっかかりやすくなっているので、なるべく根本から毛先に向かって刺激しないようにするのがコツです。

特に念入りに行いたいのが根本部分や後頭部など髪が密集している部分です。毛先をタオルドライするよりも念入りに、根本や髪の下部分の水分を吸収させるようにしましょう。

輝くサラサラ髪に仕上げるコツ2:ヘアオイルで保護

タオルドライしたあとはすぐにドライヤー!というのも間違い。

濡れている状態の髪は、インバストリートメントをしていてもやはりまだ無防備な状態です。

キューティクルが開いている状態の髪にドライヤーの熱をあててしまうと、髪がダイレクトに熱の影響を受けてしまいます。(髪内部の水分が熱せられて膨張し、髪の内部から傷めてしまう)

そのため、ドライヤーをあてる前に熱から髪を守る効果のあるヘアオイルを数滴手のひらに取り、全体に広げ、毛先を中心にまんべんなくなじませていきましょう。

この時も髪の途中から毛先に向かって手ぐしでスルスルと付けていってください。ゴシゴシと揉みこむ必要はありません。

輝くサラサラ髪に仕上げるコツ3:ドライヤーは髪から離して

早く乾かしたいからと髪や頭皮に近づけてドライヤーを使う人がいますが、それでは髪や頭皮を傷めるだけ。

15㎝~20cm離し、熱よりも温風で乾かす要領で根元を中心に乾かしていきましょう。

根本部分は乾きにくいので、手で空気が入りやすいように持ち上げながら風を当てるのがコツです。

輝くサラサラ髪に仕上げるコツ4:風は根本から毛先へ

キューティクルは根元から毛先に向かってるので、その向きに従って乾かすようにしましょう。

1点に集中させるのではなく、ドライヤーを左右に動かすようにしながら風を散らして乾かすとまんべんなく熱と風が伝わりムラなく乾きます。

毛先はその間に自然と乾いていることも多く、あまり風を当てる必要はありません。オーバードライになるとパサつきが酷くなります。

輝くサラサラ髪に仕上げるコツ5:8割程度でクールダウン

髪が8割程度乾いたら、熱を持った髪をクールダウンさせるために冷風をあてていきましょう。

キューティクルがきゅっとしまってツヤや潤い、なめらかさが出ます。

ドライヤーに冷風機能がない場合は、手ぐしなどで髪の間に空気をいれるようにしてクールダウンさせるとよいでしょう。

輝くサラサラ髪に仕上げるコツ6:仕上げにもう一度オイル

これだけで十分サラサラの髪になっていますが、寝ている間のくせ付きや乾燥・摩擦を防ぐために、ヘアオイルを毛先にだけ少しなじませておくとさらに効果的です。

オイルは基本的に髪の根元近くに使う必要はありません。

根元は皮脂によって自然とカバーされている状態なので、そこにさらにオイルをつけてしまうとべたついてしまうため、オイルを使うのは毛先や傷みがひどい部分だけで大丈夫です。

絶対にNG!自然乾燥が危険な理由

絶対にNG!自然乾燥が危険な理由

髪を洗ったらそのまま自然乾燥させている方は要注意です。

濡れた髪はキューティクルが水分を含んで開いた状態。そのまま髪を乾かさずに放っておくと

  • キューティクルが開いて剥がれやすい状態のままになることで枝毛や切れ毛、パサつき・髪が広がりやすくなる
  • 髪内部の水素結合により寝ぐせが付きやすくなる
  • 雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭や薄毛の原因となる
  • 冷えて血行が悪くなり、弱弱しい髪やうねりのある髪が生えやすくなる

など様々なトラブルを招くおそれがあります。

そのため、面倒に思っても髪の毛が濡れた後はドライヤーで丁寧に乾かし、開いたキューティクルをしっかりと閉じこめるようにしましょう。

まとめ

今まで洗髪後は自然乾燥させていた方、ドライヤーを使っていたけれどやり方が間違っていた方は、ぜひ今回ご紹介した6つのコツを取り入れて髪を乾かしてみてください。

ちょっとの手間と工夫だけで驚くほど自分の髪がサラサラ・ツヤツヤになることでしょう。きっと仕上がりや手触り、ツヤ感やまとまりに驚かれると思います。

また、6つのコツの実践と合わせてドライヤーを良いものにすると、さらにサラサラ髪になるのでおすすめ!

人気があり髪をサラサラにしてくれるドライヤーは「これでうるツヤ!髪を傷めないおすすめのドライヤーTOP3」」でご紹介しているので、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)